永久脱毛コラム

自己処理脱毛の注意点(毛抜き・カミソリ・抑毛ローション・除毛クリーム・家庭用脱毛器)

このページでは、みなさんが自宅でやってるであろう「自己処理」での脱毛についての注意点をまとめています♪


普段、何気なくやっている・当たり前にやっている自己処理での脱毛方法が、実は深刻な肌トラブルにつながってしまうこともあります。以下、自己処理での脱毛方法別に注意点など解説していますので、チェックしてみてください。


このページのもくじ→毛抜きカミソリ抑毛ローション除毛クリーム家庭用脱毛器


毛抜き


私いつも毛抜きで普通に抜いちゃってるけど・・・実は、やばいのかも・・・


一本一本 つまんで抜く毛抜き脱毛は、一度処理することで 一定の期間は無毛状態を保てることから人気の高い自己処理方法。ただ、処理時間が長くかかることから、ワキなどの狭い範囲にはオススメできますが、脚や腕と言った広範囲な脱毛には不向き。



そんなこともあり、比較的狭い面積の""ワキ"" を毛抜きで処理をしている人は多いのでは?また、ワキは自分でしっかり見ながら脱毛することが出来ない場所。毛をつまんだつもりが間違えて皮膚をつまんでいたり、毛と一緒に皮膚もつまんでしまったりと、肌を傷つけやすく肌トラブルを起こしやすいもの。


このような肌トラブルや肌への刺激は、繰り返すうちに肌の黒ずみの原因になることも。肌には、刺激が加わるとメラニン色素という黒い色素が活性化する特性があり、この特性が原因で肌に黒ずみを作ってしまうことがあります。肌の黒ずみは、一度出来てしまうと消すことが難しく、ムダ毛を処理してキレイにすればするほど目立ってしまう厄介者。



また、毛抜きでの脱毛は肌の黒ずみ以外に「埋没毛」になる危険もあります。


「埋没毛」とは、毛抜きなどで皮膚を傷つけてしまうことにより出来るかさぶたが原因で起こるもの。毛穴をかさぶたで塞がれ皮膚の表面に出ることが出来なくなったムダ毛は、皮膚の下で成長して表面に出ることが出来なくなった毛=それが「埋没毛」です。


「埋没毛」は痛みはありませんが、皮膚の中にできてしまった毛を取るためには、皮膚を破いて(切って)取らなくてはいけないので、出来てしまうと肌への負担は大きくなります。


それ以外にも、毛抜き脱毛後、1つの毛穴から2本の毛が生えてくる・・・なんて事はありませんか?その原因は、毛抜き脱毛時に毛根を傷つけ 毛根が割れてしまったこと。一度割れてしまった毛根は元に戻すことが出ず、更に毛根を傷つけることで、2つから3つ、3つから4つと気づかないうちに毛量を自分で増やしてしまうことも。


毛抜き脱毛は、脱毛するにあたって場所も取らず、入浴中や時間のあるときなど自分のペースで無理なく出来る脱毛方法の1つですが、肌への負担は大きく掛かるもの。注意して行わなければいけませんね。


カミソリ


カミソリで普通に剃れてるけど?別に注意することなんて無いでしょ?


カミソリ脱毛は、脱毛方法の中でも一気に大量のムダ毛を処理できる手軽な方法として、腕や脚といった広範囲の脱毛をするときによく行われています。


脱毛方法も簡単。カミソリの刃を直接肌に押し当てムダ毛を剃り落としていくというもの。人生最初にした脱毛方法が、カミソリ脱毛だった という人も多いのでは?


そんな簡単に脱毛出来てしまう カミソリ脱毛ですが、脱毛後には様々な肌トラブルが起こるキケンがあるものだということは知っていますか?


カミソリ負け


カミソリ脱毛は、ムダ毛と一緒に肌の表面(角質)も剃り落とし肌を傷つけてしまいます。特に使い始めなどの、新品のものであればあるほど、すーっと肌を滑らせるだけでも脱毛出来、脱毛効果はバツグンですが、肌には目に見えないほど無数の細かい傷が・・・


脱毛後、肌がヒリヒリとしたり痒みが出てくる場合は、肌がカミソリの刃に負けて傷ついてしまっているから。敏感肌の方は特に。敏感肌でない人も繰り返し脱毛することで 痒み以外にも肌の赤みといった "カミソリ負け肌"になってしまうこともあるので注意が必要。


肌の乾燥



脱毛時に強く剃ることで、肌の表面だけでなく角質層まで一緒に傷つけてしまいます。角質層まで傷つけられた肌は水分を保つことが出来ず、乾燥状態に。ガサガサ・ザラザラ肌が乾燥することで痒みがおこることも。改善にはしっかり保湿してあげることが必須。


肌のくすみ黒ずみ


肌は摩擦や刺激を与え続けることで色素沈着。肌のくすみや黒ずみといった一度出来ると消すのが難しい肌状態に。


毛嚢炎(もうのうえん)


カミソリの刃が錆びていたり雑菌が繁殖している状態で脱毛してしまうと毛穴から菌が入り毛嚢炎という感染症をおこしてしまうことに。毛嚢炎は軽度の場合、放っておいても大丈夫ですが、痛みや膿が溜まるようであれば、病院を受診し化膿止めなどの薬を服用する必要があります。


自己処理脱毛方法の中でも簡単なカミソリ脱毛は、多くの方が繰り返し行なっていると思いますが、手軽さと引き換えに沢山のリスクもあるものです。


たまに少しだけなら、問題はいらないようですが、毎回、毎日続けてしまうとキレイになるどころか肌に傷を作り逆効果。カミソリ脱毛は、一時的な脱毛方法だと思って 繰り返し行わないようにして下さいね。


抑毛ローション


抑毛ローションは、カミソリや毛抜きといった処理方法とは違い、肌の炎症や黒ずみの心配も少ない自己処理脱毛の中でも比較的肌に優しい抑毛方法。化粧水から作られている抑毛ローションは、子供から大人まで使え、普段のスキンケアの1つとしても使用でき、美容から抑毛まで1つで2つの効果がある一石二鳥なローション。


でも勘違いしてはいけないのは「脱毛」ではなく「抑毛」ってところね。あくまで抑制するだけ。


また、肌への刺激も少ないので敏感肌の方や乾燥肌の方でも安心して使えるものです。濃いヒゲなどのムダ毛を何とかしたいと願う男性の利用者も多いようですよ。そんな、肌に優しい抑毛ローションですが、注意しなくてはいけない点があり、それは、抑毛ローションと一緒にカミソリ脱毛や毛抜き脱毛を行わないということ。



抑毛ローションの""抑毛""は、読んで字のごとく 毛の成長を抑える働きがあるもののこと。毎日塗り続けることでムダ毛の成長を弱め、抜けやすく、ムダ毛が目立ちにくい状態にしていくというローション。処理をすれば瞬時にムダ毛の無いツルツル肌になれるという脱毛とは違うため、効果を実感できるまでには、個人差もありますが数ヶ月~半年はかかるようです。



そんなことからも、ムダ毛を少しでも早く目立たなくしたい! 早くツルツル肌になりたい!という方の多くが抑毛ローションと併用して、カミソリ脱毛や毛抜き脱毛をしているようです。ですが、カミソリ脱毛や毛抜き脱毛は、知らず知らずのうちに肌を傷つけ炎症や黒ずみといった肌トラブルを起こしやすいもの。


一度傷ついた肌の上に抑毛ローションを塗っても効果を期待するどころか、逆に違う肌トラブルを招きかねません。抑毛ローションを使う場合は、直ぐに薄くならないからと諦めずに気長に続けてみて下さい。


除毛クリーム


「抑毛ローション」は聞いたことあたけど、「除毛クリーム」なんてものもあるのね、、、


カミソリ脱毛と比べて、肌を傷つけることもなく、処理後の毛先も丸く溶けるので、再び生えてきてもチクチク感が無いのが除毛クリーム脱毛。一度に広範囲の脱毛が出来ることからも脚や腕といった面積の大きい箇所の脱毛用にと利用している人も多いのではないでしょうか。



そんな除毛クリーム。簡単スピーディーに脱毛でき、便利ではあるもののムダ毛を溶かしてしまうほどの薬剤が含まれるローション。肌に塗布しても大丈夫なのでしょうか??除毛クリームには、「オチグリコール酸カルシウム」という成分が含まれています。この「オチグリコール酸カルシウム」は、毛を構成しているケラチンタンパク質に強く作用し、毛を分解する働きがあるもの。


除毛クリームは、その働きを活かして作られているため、塗布後一定時間放置することで脱毛効果が得られツルツル肌に。ですが、この「オチグリコール酸カルシウム」は、肌に全く影響がないということではありません。



髪や毛がたんぱく質で作られているのと同様、肌も たんぱく質からできているもの。オチグリコール酸カルシウムが含まれる除毛クリームを塗布後、長時間放置してしまうと、毛だけでなく肌の表面も溶かし、肌が軽い火傷状態になってしまうことも!!


除毛クリームで脱毛をする場合は、「毎日のように利用したり、決められた時間以上に放置する。」ということがないよう細心の注意を払って行わなくてはいけません。また、それ以外にも、脚や腕で問題なく除毛出来たとしても、顔への利用はしないようにしてください。


顔の皮膚は、腕や足と比べても敏感で肌トラブルが起きやすい箇所。万が一何か起きてしまった場合も、隠すことも出来ない場所でもありますし、痕が残ってしまったなど、女性には耐え難い事が起きてしまうかもしれません。除毛ローションは、日常的に行う脱毛法としではなく、一時的に行う脱毛方法として利用してみてください。


家庭用脱毛器


脱毛サロンに通ってムダ毛のないスベスベ肌を手に入れたいけど・・・お金も、時間も無い・・・という方でも、自宅でキレイに脱毛できる脱毛方法として人気なのが""家庭用脱毛器""


自分の好きなタイミングで脱毛できるのがイイね。友達と一緒に使ったり、彼氏のヒゲ脱毛と共同で使えば、コスパも良くなる♪


家庭用脱毛器は、エステやクリニックで行う脱毛の照射威力を弱くしたもので自分で簡単に出来る脱毛方法として、多くの種類が発売されています。自分で出来る脱毛としては人気の高い家庭用脱毛器ですが、自分の肌に合っていない脱毛器で脱毛すると、ムダ毛処理するどころか肌にトラブルを招いてしまうこともあるので注意しなくてはいけません。


ここでは、家庭用脱毛器の肌トラブル・注意する点を見ていきましょう。


家庭用脱毛器で火傷


家庭用脱毛器の中でも多い肌トラブルといったら""火傷""。家庭用脱毛器は、サロンやクリニックのように光やレーザーを照射して脱毛していくものが多く、照射レベルを選べない機械だと、肌に軽い火傷をしてしまうことがあります。また、ホクロやシミのある部分は照射時に熱を吸収してしまい、炎症を起こしてしまうこともあるので注意が必要。各脱毛器の取り扱い説明書にも明記してあると思いますが、ホクロやシミは、照射しないように気をつけて下さいね。



家庭用脱毛器で埋没毛&炎症


家庭用脱毛器の中には、毛に電流を流し直接毛穴から抜き取る脱毛器もあります。これらは毛を抜く際、上手く抜けないと、毛穴がポツポツと赤く炎症を起こしてしまうことや、毛が皮膚の下に埋もれた埋没毛になってしまうこともあり注意が必要。脱毛後は、しっかりと冷やし肌の炎症を抑えてください。


家庭用脱毛器で色素沈着


肌には優しい家庭用脱毛器ですが、脱毛後は乾燥しやすく痒みがともなうことがあります。保湿をせず放っておくと、痒みから知らず知らずのうちに掻きむしってしまい、皮膚の摩擦から肌が色素沈着してしまうことも。脱毛後は必ず化粧水や保湿クリームで肌に潤いを与えてあげてください。


家庭用脱毛器は、カミソリや毛抜き脱毛と比べれば肌にも優しく安全に脱毛できるオススメな脱毛方法。ですが、機械の操作方法を間違えてしまったり、アフターケアを怠ってしまうと二度と消せない火傷痕や黒ずみができてしまうことも。



家庭用脱毛器を使用する際は、当たり前のことですが、まずは説明書をしっかり読んでから脱毛していってください。普段から取扱説明書のたぐいはメンドウで読まない・・・という方は要注意。自宅で簡単に出来るがゆえに油断してしまいがちですが、正しい使い方で脱毛していってくださいね。


家庭用脱毛器っていろんな種類あるよね?ぶっちゃけどれがオススメ?口コミで評判がイイのはどの商品?


実際に買った人の口コミ・評価を見たり、安全性・コストパフォーマンス・・・など、総合的に見てオススメできる家庭用脱毛器を厳選するとすれば、以下の2機種。実際によく売れています。それぞれの特徴を見ていきます。


オススメ家庭用脱毛器その1:ケノン



脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛が家庭でもできる脱毛器です。同じようなタイプの脱毛器は他にも通販で何種類か発売されていますが、ケノンがダントツで売れています。


ケノンが選ばれている理由

コスパが良い(業界最安レベル=1ショット0.05円)
照射面積が広い(9.25平方センチメートル)
お肌の負担が少ない(6連射機能)
素早く脱毛可能(片ワキなら約30秒)
美顔器機能あり(カートリッジを付け替えるだけ)


などの理由から、多くの女性やヒゲを脱毛したい男性に選ばれています。そのため、楽天家電年間ランキング1位、楽天週間脱毛器ランキング134週連続1位を獲得するなど、販売実績豊富な家庭用脱毛器となっています。


>>ケノン公式サイトはこちら




オススメ家庭用脱毛器その2:トリア



ケノンとは違い、脱毛クリニックの医療脱毛と同じ「レーザー脱毛」のできる家庭用脱毛器です。脱毛効果はフラッシュ脱毛よりも高く、永久脱毛した後のような効果を期待できます。パワーが強い家庭用脱毛器ということで「ホントに安全に脱毛できるの?」と気になるところですが、アメリカのFDA認可の脱毛器なので安全性には信頼感があります。


デメリットとしては照射面積が非常に狭いので、背中やひざ下などの広い部位の脱毛には向いていないかもしれません。しかし、照射面積は狭いですが、少しずつずらしながら「ピッピッ・・・」という感じでスピード感はありますので、根気のある方であれば広い部位でも大丈夫ですが。


>>トリア公式サイトはこちら




このページを見た人は、こんなページも見てます。


本人は意外と深刻?子供の無駄毛は永久脱毛できない?
結婚式までに永久脱毛!ウエディングドレスをキレイに着たい!
髭や全身を永久脱毛する男性が増えている?


光脱毛のできる人気脱毛サロン

 

永久脱毛のできるクリニック一覧

 

永久脱毛コラム

 

地域別 永久脱毛ガイド

 

FX取引